書体を学ぶ

書き入れる文字の書体は表札の見た目の印象を変える重要な要素です。
自分で文字のレイアウトをする場合はもちろんのこと、
あらかじめ用意されているデザインパターンで選ぶ場合でも
文字書体について少しでも知識があればあれこれ悩まなくてすむでしょう。

限られたスペースに効果的に文字を入れ、
書体の組み合わせで個性を出す。

ぜひ、あなたのアイデアのきっかけにしてください。


基本の書体

書体が与える印象

一般的に角張った文字は男性的、丸みのある文字は女性的な印象を与えます。
加えて、文字線の太さはその印象をさらに強調する効果があります。
英字についても同様のことが言えますが、小文字、斜体とすることでより全体的にソフトになります。

また、文字自体にそれぞれ意味を持っていますので、それによって人は必ず何かをイメージ(連想)します。
イメージするものには個人差がありますので、受ける印象もさまざまですが、
ある程度は似たような印象に分類できます。

明朝体
細い → 上品 洗練された モダン 難しい 都会的 中性
太い → 男性的 力強い 固い 大人 歴史

明朝体(細)
明朝体(太)
ゴシック体
細い → 都会 シャープ 現代的 洗練された 女性的
太い → 重厚 元気 力強い 大人 男性的
明朝体(細)
明朝体(太)
隷書体
 歴史 古い 懐かしい 趣味 弱々しい
明朝体(太)
楷書体
細い → 繊細 雅やか 弱々しい
太い → 田舎 古風 歴史 懐かしい
明朝体(細)
明朝体(太)

効果的な組み合わせ

書体が与える印象を実際に表札のデザインに応用してみたいと思います。
| サイトについて  | Contact Me 
Created by ez-HTML
Copyright(c)2009 WEB表札 All rights reserved.